Nursing School

看護の学校に進学する方法|カリキュラム内容が重要

進路選びの基本

授業料や将来の進路

洋服

将来的に安定した職業に就きたいと考える、高校生に人気があるのは、看護師の資格取得にも役立つ専門学校です。1年間の学費の相場は80万円前後ですが、奨学金制度も完備しているので、お金の心配をせずにじっくりと学べるでしょう。少人数制の指導に力を入れている看護専門学校が中心であり、医療現場で役立つ実践的な技術と知識を、体系的に学ぶことが可能です。最近では高齢化が進んでいる背景もあり、看護専門学校で高齢者特有の病気や社会的な環境について学ぶのが理想的です。そして資格取得だけではなくて、将来の就職先も視野に入れながら、選択科目を上手に組み合わせるのがポイントです。特に医療機関での勤務に加えて、老人ホームや高齢者の自宅で処置をするケースも増えているので、在宅看護の実習にも積極的に取り組むのがトレンドです。また学費が割安な公立の専門学校や、社会人でも学びやすい、夜間コースが充実している専門学校を選ぶ人たちが多いです。更に病院系の看護専門学校であれば、ハイレベルな実習に参加することが可能であり、手厚い就職サポートも受けられるでしょう。けれども適した進学先を選ぶためには、複数の学校のカリキュラムや卒業後の進路について、情報を集めて比較するべきです。確かな情報に基づいて進学先を選びたいときに便利なのが、オープンキャンパスや合同説明会などのイベントです。イベント会場で個別に相談をすると、受験に役立つ情報や就職先などのデータも得られるので、最も適した進学先を選べるでしょう。

専門知識を身につける

婦人

看護師として活躍をするためには、看護師としての資格を有している必要があります。この資格は国家資格であり、試験に合格をしないと得ることができません。そこでほとんどの人が学校に通って勉強をすることになります。学校の種類として専門学校、大学、短期大学などがあり、目的に応じて選択をする人が多いです。看護に関する専門的な学校に通って勉強をする目的として短期間に専門的な勉強をすることができると言うことです。看護の資格に関しては試験に合格をすれば得ることができるので独学で勉強をすることも不可能ではありません。しかし、実習などはなかなかすることができず専門的な勉強を短期間ですることは難しいです。そこで専門的な勉強をするために学校に通っている人が多いです。また、看護の資格だけでなく関連する資格も学校に通っていると得ることができるケースもあります。就職をするためにはできるだけ多くの資格を有していた方が優位になることも多いという理由もあります。選択をする学校によっては就職をするのにも優位になるケースがあります。その代表例が、病院に付属をしている専門学校です。大きな病院では看護師を育成するための学部を持っているところがあり、そこで学ぶとそのまま系列の病院に就職をしやすいと言う特典があるところがあります。このため、どの学校を選択するかによってその後の未来が大きく変わることがあります。学校の特色を活用するのも大切なポイントです。

学費も免除できる

書く人

看護師を目指すために専門学校で学ぼうとするのであれば、附属病院が開設している専門学校で学べば、卒業すると同時にその附属病院へ就職が決まり働くことができます。そして学費ですが、専門学校の場合は高額なところが多くあります。しかし附属病院から開設されているところでは、その附属病院で働きながら勉強することが可能となっているところが多いのです。働きながら学校に通えば、学費が3割から半分ほど免除してくれることもあり、学費が負担に感じる学生にとっては大きなメリットとなるシステムです。看護の勉強は学校で行い、実技は附属病院で働きながら行うという一石二鳥の方法を取り入れることができ、いざ看護師となって働くことになっても仕事を覚えるのが早い人は多いといいます。働きながら学ぶ方法は体力が必要となり、本気で看護の勉強をして看護師になりたいという気持ちが強くなければ続かない方法です。大学でも看護師になるための学部が存在しますが、大学では看護の勉強以外にも一般的な授業を受け単位を取らなければいけません。しかし専門学校の場合は看護師に向けての勉強に一転集中するため、ほかのことに取り組む必要はなく集中して勉強することができるといいます。将来に向けて本格的に看護師の資格を取り、病院で働こうと考えるのであれば、働きたいと思う附属病院を選び、そこで開設されている専門学校で働きながら勉強するのも良い手段ということができます。