Nursing School

看護の学校に進学する方法|カリキュラム内容が重要

病院における事務の専門家

医師をサポートし負担軽減

女の人

医療に関する専門職といえば診療・看護・検査などの仕事がすぐに思い浮かびますが、中には事務系の専門職も存在します。その1つが、医師事務作業補助です。医師事務作業補助は、医師の指示の下にさまざまな事務仕事を補佐あるいは代行する職種です。具体的には、診断書や紹介状などの文書作成、電子カルテの代行入力、学会発表のためのデータの整理といった仕事がこれに当たります。こうした仕事はもともとは医師が自ら行っていましたが、補助者を置くことで負担を軽減し、診察及び治療という本来業務に医師が専念することができるとして、医師事務作業補助の需要は年々高まってきています。現在、医師事務作業補助には公的な資格がありません。ただ、やはり医学全般やコンピュータ処理等に関する専門知識が必要であることから、誰にでも勤まる仕事というものではありません。就職を希望する多くの人は、専門スクール等に通って必要な知識や技能を身につけてから求人に応募しています。医師事務作業補助について学べるスクールは通学制から通信制まで数多くありますが、学校選びの際に重要なポイントとなるのが、資格取得に直結しているかどうかという点です。医師事務作業補助には公的な資格こそありませんが民間の検定資格がいくつか存在し、取得しておくと就職を目指す際のアピールポイントとなります。資格の中には特定のスクールを修了していることが受験要件となっているものがあるため、注意が必要です。

病院でのたくさんの事務

PCを操作する人

体調を崩して病院に行った際、最初に手続きを行う場所が受付になると思います。この受付で手続きをしてくれるのが医療事務の仕事をしている人達になります。医療事務の仕事の多くは患者さんの初診・再診の受付や手続き、医療費の精算などがあります。患者さんから受け取る医療費は診療報酬の一部であり、残りは社会保険や国民健康保険に請求する必要があります。この手続きをレセプトといって医療事務の仕事をする上でとても重要な仕事になってきます。医師事務作業補助の仕事は医師の事務的なサポートをする仕事で、診断書や紹介状の作成の代行や診療記録の電子カルテへの入力代行などがあります。看護師が医師の治療をサポートするのに対して、医師事務作業補助は医師の事務的処理をサポートする仕事になります。最近では慢性的な医師不足や医師の仕事の負担を減らす為に、大きな病院では診察室で医師と一緒に仕事をする医師事務作業補助の姿を見る事が出来ます。医師事務作業補助の仕事は医療事務の仕事を兼任する事が多く、病院で行われる事務作業をすべて把握して、更に医師や看護師とのコミュニケーションが重要となります。医師事務作業補助の仕事を把握するためには、学校に入って基本的な知識を学ぶと就職への近道になります。また医療事務の仕事で重要なレセプトの仕事に関しては学校で勉強をして資格を取得する事で履歴書に記入する事も出来るので、就職の際の書類審査にも通りやすくなると考えられます。

医師の負担を軽くする為に

女性

医師事務作業補助者とは、医師の指示の下に、カルテへの代行入力や、行政への報告対応等を行い、医師をサポートする職種です。治療や診察以外にも、様々な事務業務に追われ、その業務負担が医師不足の要因ともなっている昨今、医師の負担を軽減する為に医師事務作業補助の仕事はあります。その呼称は病院によって異なり、医療秘書や医療クラーク、メディカルアシスタント等と呼ばれる場合もあります。また、医師事務作業補助者の仕事は、医師の指示の下に行うことが原則となっていて、看護師の指示による業務や、診療報酬の請求事務のような医療事務業務は行うことができません。厚生労働省は、医師が治療や診察等の医療業務に専念できるよう、医師事務作業補助者の配置を病院評価の項目に追加。これにより、医師事務作業補助者は、医療の質の向上に大きく貢献する存在となりました。民間団体が行う認定試験等がありますが、必要な免許や資格は特にありません。ただし、院内での研修が必須となっています。医師や薬剤師等との連絡や調整が頻繁に発生するので、他のスタッフと良好な関係を築くことができる「コミュニケーション力」が、最も必要な能力となるでしょう。そして、医師事務作業補助者としてスキルを磨いていくことで、カルテ等のデータ管理、病名のコーディング、データ調査・分析といった業務をこなす診療情報管理士へとステップアップするきっかけにもなります。このように医療現場で活躍する医師事務作業補助者は、今後ますます注目される職種となるでしょう。