Nursing School

看護の学校に進学する方法|カリキュラム内容が重要

民間資格から国家資格まで

希望する分野に合わせて

ウーマン

医療系の専門学校は様々な学校がありますが、その学校によって取得できる資格や学べる分野などが変わります。医療の専門学校の中でも専門職を養成する過程がある学校の場合には、国家資格取得のための勉強を進めていくこととなります。看護師や管理栄養士に理学療法士や作業療法士まで、コメディカルを養成する専門学校の場合、専門教育が中心なので学ぶ内容は基礎的な身体の仕組みはもちろん、医学や解剖学についても学ぶ機会があります。専門職を育てている専門学校では国家試験の受験対策もできるので、合格に向けてどのような勉強をしていけばよいのかを講師から教えてもらえます。医療の専門学校には専門職を養成する学校以外にも、医療事務や医療秘書などを目指して学ぶ学校があります。これらの学校では主に実務について学んだり、実習を行うことで実社会で役に立つスキルを身につけていきます。もちろん民間資格の取得や検定に合格することでより就職も有利になるので、資格取得をバックアップしている所も多くなっています。医療の専門学校というのはただ単に専門職を養成するだけではなく、事務の分野の人材についても養成をしているので、自分の適性に合わせた学校に行くことで将来の夢をつかみとることができます。医療の専門学校は昼間部の学校や夜間部の学校もあるので、働きながら国家資格を目指すことが可能です。修業年限は2年〜4年というところが多く、修業年限の中で知識の習得をします。

ワーク&スタディに注目

男女

医療分野のお仕事に携わりたいなら、医療専門学校で知識や技術を身に着けるのも良いでしょう。作業療法士や理学療法士、視能訓練士など、様々な分野を専門的に学ぶことができます。ただ、授業料もある程度の金額が必要になるため、お金の問題がネックになり進学を決めかねている方も多いことでしょう。しかし、そういった方に向けた救済措置を設けている医療専門学校もあるので心配はいりません。それはワーク&スタディと呼ばれる制度で、日中に授業料分をアルバイトで稼ぎながら夜に授業を受けていく形となります。ワーク&スタディは学校側が求人を紹介する制度であり、学費の支払いが困難な学生に向けて実施しています。ワーク&スタディで紹介される求人先は、学校と関係が深い病院や介護施設などが主となります。そのため、学費を稼ぐとともに医療現場での働き方を身に着けることが可能です。医療現場を目指す方にとっては最適のアルバイト先となるので、金銭的な不安がある方は、ワーク&スタディ制度を設けている専門学校を選択すると良いでしょう。医療専門学校では、数ある医療職に合わせて学科が細分化されているため、入学を希望する方は既に進む道が決まっていることでしょう。目指す職業によって必要な国家資格も違ってくるので、選ぶ際には各学校で取得できる国家資格にも注目し選択することが大切です。それぞれ、オープンキャンパスや資料請求に対応しているため、学校に関する情報を集めながら選んでいきましょう。

就職しやすい

男性

医療の専門学校の評判は高いことが多く、入学する生徒の数も増加の傾向にあります。医療の専門学校の評判が高いのは、就職しやすいからです。例えば、理学療法を専門学校で学べば、整形外科の病院に就職するのがスムーズになります。医療系の仕事は全体的に需要が高いので、将来確実に就職することを目指して、この種の学校に入る人もいます。理学療法の他には、鍼灸、介護、歯科などがあり、そのいずれもが就職しやすい分野です。看護師の学校だったら、卒業後にさらに就職しやすくなります。医療系の専門学校の学費は一般に高めで、3年間通った場合の学費の平均は、400万円以上になります。初年度に支払う費用は、150万円を超える場合が多くなっています。学費は高いですが、しっかり勉強して役立つ技術を身に付ければ、就職しやすくなるので、支払う価値はあります。高い学費を払うのが難しい場合は、さまざまなサポート制度を利用しましょう。分割で学費を払えるところがあったり、奨学金の制度を設けているところがあります。入学する時の試験の成績が良ければ、特待生として学べるようになっている学校もあります。特待生だったら、学費は一部が免除されたり、安くなったりします。奨学金の中では、給付型が活用しやすいです。将来返済する必要がないので、就職してからの負担が少なくなります。給付型の奨学金をもらえる学校の評判は高いことが多いです。給付型をもらうためには、成績が優秀でなければなりません。