Nursing School

看護の学校に進学する方法|カリキュラム内容が重要

心理の専門家を目指すなら

自分に合った学び方

ウーマン

学生から社会人まで心理カウンセラー目指す方が多く、人気の職業です。心理カウンセラーになるために役に立つ資格には、様々な種類のものがあります。大学の4年間の心理学の単位により取得が可能なものに、認定心理士があります。心理学の基本的な勉強となっており、臨床心理士を目指す方は先に取得しておくと心理学の基礎が分かって便利です。代表的な心理カウンセラーの資格として知られる臨床心理士は、四年制の大学を卒業し、臨床心理士になるための単位が取得できる大学院を修了した後に取得します。臨床心理士は日本臨床心理士資格認定協会が発行している民間資格です。医療機関の多くは臨床心理士の資格取得者を採用条件としており、医療機関の心理カウンセラーとして働きたい方にオススメです。臨床心理士の試験を受験できる大学院は通学制の大学院の他に通信制の大学院でも取得可能な学校があるので、社会人の方でも働きながら取得を目指すことが出来ます。他にも、通信教育で取得が可能なものとしてメンタル心理カウンセラーやメンタルケアカウンセラーが挙げられます。メンタル心理カウンセラーは2ヶ月程となっており、比較的短い期間で取得が可能です。これらの資格は、心理カウンセラーになるためのカウンセリング方法や心理について学びたいという方に人気です。企業内のストレスチェック義務化に伴い人気となっている資格が産業カウンセラーです。労働者の心をカウンセリングする勉強が出来るので、既に働いている企業内での人間関係に役立つ資格であると言えます。心理カウンセラーを目指すための資格の勉強は民間のスクールでも多く扱っており、通学と通信から自分の都合にあった学習法を選ぶことが出来ます。

心に対応できる専門家

勉強する人

心理カウンセラーは人間の心の専門家といわれる立場で、他者の心と向き合い、精神的に負担がかかっているものを軽減させる存在です。その心理カウンセラーになるためには、心理学関連の資格を取ることが手っ取り早くなります。今ではまだ資格を取らなくても心理カウンセラーとして活動することは出来ますが、これから心理カウンセラーにも国家資格が誕生すると伝えられているので、国家資格以外にも民間資格として臨床心理士や産業カウンセラー、認定心理士などがあるので、資格を取ってから活動するほうが良いかもしれません。国家資格が誕生すれば、資格取得していなければ活動範囲は制限される可能性も高いといわれているからです。ではその資格を取るためにはどうすれば良いかですが、そのためには心理学を学べる環境に入ることです。心理学は人間の心について学ぶほか、脳や神経細胞から人間の心に対してどう影響されるのか、ほかにも思春期の行動や反抗期の状況、精神的な病についてなどさまざまな人間の心に関する勉強に取り組む学問です。心理カウンセラーはそれを習得できた専門家です。心理学を学ぶためには大学や専門学校、そのほかセミナーでも学べる環境を整えているところもあります。そして資格を取ることができるかどうかは学校やセミナーによるので、取得できるのか出来ないかは入学する前に問い合わせることが必要です。人の心と向き合える心理カウンセラーは、他者から信頼され頼られる存在となります。

どちらを目指すか

男女

心理学関連の資格に初めて、国家資格が誕生します。それは公認心理師というもので心理カウンセラーにもかかわるものとなります。公認心理師資格を取得するためには、大学で心理学を学び、そして大学院でも心理学関連の学科を選択して学ぶことで取得することができる資格です。公認心理師はまだ出ている資格ではありませんが、平成29年以内には資格誕生するといわれています。それまでは臨床心理士という民間資格が一番ハイレベルなものといわれていました。そのため、公認心理師か臨床心理士かどちらを取得することを目指せば良いのか迷っている人も多くいます。心理カウンセラーとして活動しようと考えるのであれば、どちらも活動可能となっており、目指しやすいと感じる資格を取得すれば十分です。臨床心理士も指定の大学院を修了しなければ受験資格を得られないので、公認心理師同様ハイレベルなものには変わりありません。公認心理師も臨床心理士も、心のケアに取り組む医療関連の勉学で、とくに発達障害や心の病について主に勉強していきます。そのほかストレスから現れる症状や、そのストレスをケアできる方法なども勉強していきます。心理カウンセラーになればストレスを避けて考えることはほとんど出来ないほどなので、ストレスへの対応策は失火理を把握することが大切です。心理カウンセラーという職業は現代社会では得に必要とする人も増えてきており、多くの人から頼られる存在となります。